QandAコーナーもくじ

ご注意 Q&Aはあくまで参考程度でご理解ください。
ちょっとした事実の相違で結論は変わってしまうことがあります。
詳しくは「著作権のひろば」本編などをご覧ください。





◎著作物の利用
 

  
C01 著作権者はどうやって探す?
  • 図書館で見つけた古い本の写真をWEBに載せたいのですが、著作権者はどうやって探せばよいのですか

  C02 小説の文章の一部をブログにのせたいのですが
  • ある小説を読んでいてとても感動した部分があったので、その文章を自分のブログに載せて、自分がどのように感じたかを解説したいのですが、これは著作権にひっかかるのでしょうか

  
C03 レンタルショップで借りた音楽CDをコピーしたいのですが
  • レンタルショップで借りた音楽CDを友達2,3人と一緒に聞くためにCDにコピーしたいのですが、これは著作権法に反することなのでしょうか?また、家族や兄弟で聞くためだったらどうでしょうか?

  
C04 利用の許諾は書面で得なければなりませんか?
  • 私は書道家ですが、個展に出展する書の文章として他人の作になる詩文を使いたく、詩文の作者から許諾を得ようと思うのですが、許諾は書面で得なければならないでしょうか?

  C05 利用許諾をとりたいけれど著作権者がすでに倒産している場合
  • 雑誌に掲載された、音楽バンドの対談の内容をそっくりそのまま掲載したいので著作権者からから許諾をとりたいのですが、そのバンドはすでに解散しているし、雑誌の出版社は今は存在しません。このような場合は無断で掲載しても構わないものでしょうか?
  C06 著作権使用料の相場はいくらですか?
  • 私の作品の利用許諾を申し込まれましたが、いったいいくらの使用料で許諾すればよいのでしょうか。

  C07 著作権者がすでに死亡しているとき
  • ある学術論文をデジタルデータとして保存し希望者が閲覧できるようにしたいのですが、著者について調べたところ、40年前に死亡していることがわかりました。このような場合はどうやって許諾を得ればよいのでしょうか。







 基本を理解したいときは↓
 ◎一分間でわかる著作権法